aim for the top
柏レイソル観戦記を中心にゲーフラ作製とかネタとか…。 あとモーグルも(やりたいんだけど…)。 当Blogは、老若男女リンクフリーです。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本格的に寒くなってきた晩秋に思う
個人的には比較的訪問率の高いヤマスタ。
以前はあった記憶がないが、アウエーG裏の裏にケータリングカーが並んでいる所など、何となく以前の日立台を思い出す。
訪問率が高いのは、好きだからだ。
(勝ってないのに…)

2006年のカトゥマジックの日、帰りのコンビニ前で磐田サポに声をかけられたことを思い出す。

「絶対来年昇格してね」と。

きっと図らずであると思うが、少々上から目線だとも取れる。
だが素直に嬉しかった。
見ていて楽しく、しかも対等にやれていると評価されているなと。

今年はどうか。

きっと相手には2年前と同じような感じを受けたのではないか。
(去年を忘れていれば)

川口のストッキングよりも雄太のストッキングの方が透けていたり
川口が客席に飛び込んだボールを返せと要求したり
川口がゴールを奪われたあとにセンターへ持って帰る選手にちょっかいをだしたり
まぁ、色々あったけど、絡んだときにボールを取れる状況は今後に楽しみを抱かせる内容だった。
失点しても追いつけるという雰囲気が、必ず今後につながる。
応援する方も熱が入る。
ロスタイムで失点したときは、埼スタでのレッズサポの気持ちの何分の一かを体験した気がしたが、自分的にはまぁ、満足している。


帰りの車中で運転しながら考えた。
自分がレイソルに求めていること。
それは勝利至上主義ではない。

プロであることとは何か。
それが成り立つのは、お客さんがいることだと思う。
客が興味を持ち、多方面から収入があること。それがなければ成り立たない。
普通に考えれば、強くあることがそれにつながる。
しかし極論かもしれないが弱くても収入があれば成り立つのだ。

太田が、ポポが、チャンスに決められなかった。
らしいな、とも思う。
ロスタイムの失点。最近ではらしくないなと思う。
そんなことがあっても勝てないからあーだこーだという感情はない。
(もちろん勝って欲しいのだが)

レイソルというチームに偏愛してしまった結果だと思う。


たっちゃんやポポがゴールを決めたときは一際盛り上がる。
ゴールを求められるポジションとして、決して結果をコンスタントに出してるとは言えない。
しかし、その他の部分を見ているからこそ、彼らを腐すことなく応援し、その結果ゴールすることが嬉しいのだろう。

そんな愛情を注ぐ場が今のレイソルにはある。

願わくばそう感じるファンが末永く継続して歴史を作ることが出来ればいいなと思う。



今月末に訪れるであろう発表を前に思う。

選手のみならず、監督やスタッフも含め、誰一人欠けて欲しくない。
成績や営業を考えれば、一人一人は構成する駒(と言うと失礼だが)であることは否定できないが、愛情を注ぐ対象であって欲しいと思う。

離れざるを得ない状況を理解し、残る者に愛情を注ぎたい。

って、まだ終わってないけど。
拝啓 草津様
色づく葉を見ながら、千葉でも朝夕の肌寒さを一日ごとに感じる季節となりました。
いかがお過ごしでしょうか・・・


上から目線的になってしまうことを最初に断っておきますが・・・

天皇杯4回戦の今日の試合はアレだったもので、まぁ、勝って良かったなと。
自分的にはどこかマッタリとして、まるでサテか練習試合を観ている感覚だったりしたもので。

初めて行った葉っぱのメインは驚くほど観やすく、かつ声を出すと周りがアレなものだから自分の声がしっかり反響するのが聞こえたりして周りを退かせるのには十分だったりする。

噂のメインのスタ飯は天皇杯仕様ということでアレでしたが、まぁ、軽く登山を繰り返した一日でした。



草津とは二年ぶりの対戦となり、チョット楽しみではあった。

近いとは言えないが知り合いに草津を応援している人もおり、しかも今シーズンは健闘してると言っていいと思う成績。
二年前の敷島は平和な空間を楽しんだし、地酒300円は毎回の嗜みだ。
遠くない遠征は気分を高揚させるし、湯友くんも2006年がデビューだったはず。
湯もみ娘が日立台に来たときは個人的には沸き立ちw、女子トイレに入っていったと聞けば(以下自己規制・・・)

二年振りの草津は、なんちゅうか大人の階段上ってた。

あのときと今回しか見ていないのだが、確実に上っている気がする。
応援も変わった気がするし、屋根を差し引いても人数の割に声量がある。
二年前は柏サポの来襲に退いてた気がするが、今やそんなことはない。


ホント、勝ったから言うのではないし、上から目線で申し訳ないのだが、要するに実は草津って何か好きなのだ。
表現が適切ではないかもしれないが、三連休の中日にはホームでもアウエーでもいいから草津と対戦したいような。
こういうマッタリは歓迎したい。

いつかまた対戦したい。
その時の空気は今のままでいたいものだ。


敬具
目に焼き付き残る君の走る姿

日立台で練習を見学したあとで

君の姿を見たことを思い出す

体育館のわきをパンゾーとふたり

走っている姿を

まっすぐと走るその背中を

振り向き見つめた記憶がよみがえる



誰からも愛される君

ゴール後の歓声が

他とは違うことがその証



振り向かずに進むと決めた君を

振り向いてはいけないと思う僕

「僕は… あの人に… 勝ちたい…」
「この風!この肌触りこそ戦争よ!」
というのを期待していましたが、ガンバサポさん、我々の試合前の儀式を
おとなしく聞いてくれたようでちょっと拍子抜け。
ガンガン言ってくれた方がこっちも燃えるのに。



「お姉ちゃん私もやっつけにいく!」
ガンバなんだぞ!」
「怖くないもん!」
「怖いんだぞ!」
「怖くないもんっ!!」
いやぁ、前半はホント怖かった。
何とかこらえてくれって感じで…
正直なところ、運が良かったw



「こいつ、違うぞザクなんかとは!
 装甲も!  パワーも!!」

ちょっとその気になっていた自分の鼻をへし折ってくれた。
優勝争いなんて言っちゃいかんなコレは



入らなければどうということはない!」
いや、やっぱこわい。嫌な位置から打ってくるし。。。


「ぼくが、一番、フランサを、
 うまく使えるんだ…
  一番… 
   一番うまく使えるんだ!」

ちょっと使いすぎですよ
また対策されて閉塞しなけりゃいいけど…



「へっ裏切られたな、奴もエリート族かよ」
ガンバに席があるだけでもエリートさ」

去年はそう思ってたんだけど、立派になったなぁ… 聡太よ。
おちゃらけて見えるが彼は練習の虫。性格も良いし、男でも惚れるよw



「なんでこんな所に聡太がいるんだ…!」
「下がってろ!怪我するぞ!」
「下がれと言っているっ!!」

頭でキツイ一発、狙ってたろっ!
外して悔しそうな顔、しっかり見たぞ!
コレやばかった。入れられてたらズルズルいってたかもしれん。



「まさかな、時代が変わったようだな…
 坊やみたいなのが3位とはな…」
「見事だな!
 しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ!
 その日立台
 性能のおかげだということを忘れるな!!」

   「ま…、負け惜しみをっ!」
試合前のピッチサイドに立った友人の話だと、ホントに音がスゴイらしい。
埋もれていると実感沸かないが、音の集まる位置に立ってみたいものだ。



 柏 1-0 G大阪



[「僕は… あの人に… 勝ちたい…」]の続きを読む
神宮外苑と私
国立霞ヶ丘競技場。
僕には若干の懐かしさがあるところだ。

若かりしころ、高校生だった自分はこの界隈にいたのだ。
その頃の思い出のひとつが『ホープ軒』。

僕が通ってた高校にも学食ってもんがあった。
今思えば大学の学食よりも高価だったような気がする。
当時(も)ボンビーだった僕は、常時学食で食することなどできなかった。
毎日母親の弁当さ。(かあちゃんありがとう!今でも感謝してる。)
でもさ、たまには学食で注文してみたいと思ったものよ。
だからたまの学食は、なんか嬉しかったなぁ。。。

しかし、周りの同級生の中には、家庭環境の違いなのか毎日学食ってのもいたのよ。
それはそれでいろいろな事情があるのかもしれないし、突っ込んで聞くことももちろん無かったけど、
まだお子ちゃまだった当時の僕には学食生活が羨ましかったりもした。

でもそれだけでなく、当時の彼らときたら昼休みに学校を抜け出して『ホープ軒』に行ってたりもした。
当時はチャーシュー麺で700円だったような気がするが、そんなの当時の僕には高嶺の華さ。
それが羨ましく、会話に出てくる『ホープ軒』というところに行ってみたいと思うようになったんですな。



で、結局何回か行った。(学校を抜け出して)


その後、近くでバイトしたときにも行った。(もちろん仕事を抜け出して)


夜中に寄ってタクシーの運ちゃんに囲まれながらも食べた。



そんな三丁目の夕日的な思い出のラーメンが僕にとって『ホープ軒』なのです。
だから、水が濁ってる(←当時は本当にそう思った)とか、ネギの水気がないとか、油が熱いとか、階段が狭いとか、そういうのがいちいち懐かしい。
味が落ちたって?
んなもん当時からああだよと。。。


そんなわけで、今回も近くに来たわけだから行ってきました。

麺をすすり、猫舌をやけどさせながら、当時を懐かしく思いながら…。
あぁ、あのころつきあってた彼女は元気かなぁ。
彼女のお母さんはいつも朗らかで、よく手料理をいただいたなぁ。と。
そんなお母さんは、「長男は駄目よ」と言っていたらしいが、ご自身の体験を元におっしゃってたのかもしれませんね、と今のちょっと大人になった自分は思う。
彼女のお父さんも、内心は娘に付いた虫を苦々しく思っていたことでしょうが、僕と(当時は夢の家電であった)ハイビジョンテレビについて食卓を囲んで語り合ったものでしたね。

今思えば、そんなお父様のお勤め先は日立製作所…

ま、「アフラックデー」なので関係ありませんが。。。

試合は、
前半は殆ど危険な感じを見てて受けなかった。
後半を通じて、セットプレーは怖さがあったものの、首位のチームとしての狡猾さも感じない。
むしろ、惜しいシーンというか決めなければならないシーンは柏側の方が多かったような。
ミスが致命傷にならなかっただけかもしれないが。

まぁ、チームの状態が常に順位を反映したものではないですから、首位のチームと戦ってあれなら…って勘違いはしませんし、自分たちの順位が上がっても、挑戦する気持ちはなくさないでほしい。

未対戦の残り3チームにも良い勝負ができて、「柏、手強し」と思わせられたらいいな。

フラ様が一言いえば、選手もサポも一気に気持ちが上昇するような気がするので、そんな御言葉プリーズ。


2008 J1 第14節 vs浦和

 柏 2-1 浦和

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。