aim for the top
柏レイソル観戦記を中心にゲーフラ作製とかネタとか…。 あとモーグルも(やりたいんだけど…)。 当Blogは、老若男女リンクフリーです。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にゃごや
思えば2年前の瑞穂が初の関東脱出遠征だった。
4-0で虐殺だったが、あれは夢の中の話だきっと…

それから2年が過ぎ、状況は大きく変わった。

「サッカーは子供を大人に、大人を紳士に育て上げる競技だから…」

そんな言葉があったと思うが、自分は「大人から子供に、そしてバカに」なっていったようだ。

瑞穂球では6年ぶりの開催だとかでスタジアムを見ると(PDF)、アウエーゴール裏はなんとなく敷島を思い出す様で楽しみである。(またあそこで地酒(300円)を飲みたい…)


食い物に食指を動かしすぎないよう注意し、勝ち点を取りたい。

個人的には古賀が喜べればそれでいいかなと思う。





さて、TOP3を目指すためにはこれまでと考え方が変わる。

野球で例えると、これまでの「目標勝点45」はイチローが「200本安打」を目指すよう。
それは決して減ることがない。コツコツと重ねていけば少しずつでも目標に近づく。

「TOP3」の為にはそれでは他力本願。
ここは「三振かホームランか」的な状況も出てくるだろう。
要所では勝点1を失ったとしても3を狙いに行く必要がある。

まぁ、予行練習だと思ってその「手段」を手に入れて欲しい。

巧くなる必要もあるだろう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2年前のあの遠征が今の私のネットワークのすべての始まりでした。
結果は散々だったけど今のレイソルなら良い思い出に塗り替えてくれそうな気がします。

では、なゃごやでお会いしましょう!
2007/09/28(金) 01:21:45 | URL | 基 #-[ 編集]
>基 さん

そうですね。
あの名古屋遠征がなかったら、今の自分はまた違った形になっていたかもしれません。
でもね、多分経路が違っても一緒だったと思いますよ。
あの暑い日が懐かしい。。。
2007/09/28(金) 12:25:37 | URL | あちゅてか #-[ 編集]
コメントを投稿する
        
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。