aim for the top
柏レイソル観戦記を中心にゲーフラ作製とかネタとか…。 あとモーグルも(やりたいんだけど…)。 当Blogは、老若男女リンクフリーです。
200709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007 J1 第28節 vsG大阪「ぼくは…ぼくは… あの人に勝ちたい…」
『フランサのゴールシーンで前へ飛び出したら頸椎を痛めてしまいましたw』



やはり日立台はイイ!
ココがアウエー席も含めて埋まってこそ、力がわいてくる。

「この風、この肌触りこそ戦争よ…」(ラン○・ラル)




負けてしまったのは残念だけど、負けることを恐れないで挑戦することが今は大事。
勝ち点を積み重ねるという目標を終え、順位を上げることが目標である今、負けるリスクを恐れずに勝ちにいってほしい。
だから敗戦なんて怖くないのさ

「ま、負け惜しみを!」(ア○ロ)




ガンバはやはり格上だ。認めざるをえない。
バレーはやはり怖かったし、こちらのパスミスは確実についてくる。トラップで足元から離れたらすぐに取られてしまうし…。

それでも勝つチャンスはあった。
前半は思惑通りの展開ではなかっただろうか。
しっかりと守れている状況を見て、イケルと感じた。
DFに古賀の名が無かったとしても、今日は『劣っている』と感じることはなかった。

後半早々
チュンソンからのパスをフランサがダイレクトでシュートを打った軌跡は真後ろで見た訳でないにもかかわらず、ポストに当たりそうだという感覚を否定するかの様に弧を描いてネットを揺らした。
チュンソンのパスはフランサへの信頼が現れている様で、憧れにも似たパスにフランサが応えた形だろう。

「ぼくが、一番、ガンダム フランサを、うまく使えるんだ… 一番… 一番うまく使えるンだ!」(アム○)


それくらいの気持ちでいこう!




たっちゃんはいつ以来か?
復帰おめでとう!
前線からのチェイシングは、何か期待できる雰囲気を持っていた。

「なんでこんなところに選手がいるんだ…!」「下がってろ! 怪我するぞ!」「下がれと言っているッ!!」(クラ○プ)

執拗に追われると嫌だろうね。
下がらないよw




Q:G大阪との差は感じた?
「そうですね。やっぱり、まだまだ力の差はあると思う」(大谷)


「ぼくは…ぼくは… あの人に勝ちたい…」(○ムロ)





 柏 1-2 G大阪




まぁいい。
帰り道でガンバサポが「フランサうめぇなぁ」って言ってたの聞いて気持ちは少し晴れた。

あと、
播戸の顔見てカマジローを思いだしたw
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。