aim for the top
柏レイソル観戦記を中心にゲーフラ作製とかネタとか…。 あとモーグルも(やりたいんだけど…)。 当Blogは、老若男女リンクフリーです。
200609<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200611
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後まで、最後まで、そして最後まで
レイくんのカ○ダンスから始まり、
プロペラ機が上空を十数機通過する中、
試合開始直後は動きが硬かったか…

セットプレーで相手にフリーの選手がいる
そんな開始直後を締めたのは
藏川と山根だったであろうか?

藏川は集中して危険なところに顔を出す
小野のシュートを防いだし、17分のセットプレーでも防いだ。
攻撃では右サイドを駆け上がり何度もチャンスを演出したし、勝負した。

山下が今後期待できると確認できたのは大きな収穫だ
開始直後のダッシュで「イケるっ!」そう思ったとおり、随所でイイ動きを見せた。
年頭の「ふれあい」で100円で買ったキーホルダーを分解してスミマセン。ホントごめん

岡山のヘッドが決まったとき、
「12000人でハット」のフラグが立っていると、頭をよぎった…
11234人だったか…

アウグストにヘッドで決められる。
アウグストがG裏に向かって「静かに」のポーズを取った後、
昔の缶コーヒーみたいな選手がコーナー付近に煽りに来る。

煽られて反応した自分が悲しい…
煽りに来るのは、缶コーヒーみたいな選手がこっちを意識している証拠だ!
流せるほど大人ではないが…

前半終了間際に追いつかれて同点だけど、
「イケる」と何となく感じた。
少なくとも、試合前の不安は跳んだ。

フラが入って空気が変わる。
ボールが流れるようにつながり
PKを呼び込む。

得点後も流れは続き、
フラのヘッド折り返しからディエゴール!
長い「ヤマト」で勝利を確信した。



  確信してしまった…。



その後の決定機を決められず、
どこか、ぬるい空気が流れた。
残念ながら自分も弛んだ。

失点したとき、「まだ大丈夫だ」と思ってしまった。
声が止まりかけたかもしれない…
次の失点で、それはさらに大きくなった。



最後まで、最後まで、そして最後まで…



戦わなければならない
ショックはもう無い
まだ5試合もある

最低目標は
上位チームに
最終節前に勝点3以内にいること

それまでは優勝を諦めない。
泣いちゃダメだよ。まだ全然早すぎる。
下のチームも諦めてないぞ、きっと。


 2006 J2 第47節

 柏 3-3 横浜


開幕戦の追いつかれたドローの悔しさをを思い出し、
二度と繰り返すことなく
後悔することなく
戦っていこう!


最後まで一緒に行こう!

20061029010357.jpg

スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。