aim for the top
柏レイソル観戦記を中心にゲーフラ作製とかネタとか…。 あとモーグルも(やりたいんだけど…)。 当Blogは、老若男女リンクフリーです。
200608<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200610
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006 J2 第42節 vs水戸

昼から降り始めた雨が、試合までに止んでくれる事を切望していた。
無事、雨は止み、「これなら苦戦する事はない」と根拠はないが思う。


試合は予想通りの展開。
どう点を取るか…それを見たい。


前半4分。やり直しのCKから、弾いたボールがアンデルソンの目の前にいって失点。
たびたびアンデルソンにボールは渡るけど、抜けさせる事はあまりなかった。
(ただ、追うのを諦めたボールに、アンデルセンが後ろから追いついたのもあったけど…)

向こう側で「押しくら饅頭」をやってファールをもらう。ゴールネットが揺れたが、ファールの後だったらしい。どうやらPKのようだ。相手選手に黄紙が飛ぶ。
ディエゴがPKを左隅に決め、相手ゴル裏前で控えめな恐竜走り。
後半早々、CKから岡山がヘッド。3ヶ月半ぶりのゴールに日立台が沸く。
山根も抜け出したところ、落ち着いて今季初ゴール。
本日、2回目のヤマト。(その間、攻め込まれるのはデフォ?)
ブラジル人同士の華麗な連携があるも、シュートは枠外かキーパー正面…
それでも相手DFを精神的に追いつめるんじゃないかな。
フラコールで盛り上げるも、追加点奪えず。

あと2点くらいは取れたんじゃないかと、やはりまだ決定力不足か…。
あの失点はしょうがないと言いたいところだけど放り込まれたボールを確実にクリアできなかったのが痛い。
勝ち点を取る事が一番大切だが、最終的に得失点差になる可能性は十分にある。
取れるときに取れるだけ取って、失点は極力なくす。これでいきたい。

ただ、先制されても追いつき、そして追い越した事は評価できる。
今後の試合、これを忘れないで最後まで戦って欲しい。


 柏 3-1 水戸


20060928190908.jpg



そ  れ  と  …
Jの発展のためにも、試合の流れを止めない「うまく流せるレフリング」が必要だと思うのだが…



『観戦ポイント局地ネタ』
席に着いたとたん、世間話を延々とし、コールにかき消されまいと大声で世間話するくらいだったら、その大きな声を応援に使ってくれればいいのに。
「食いしん坊万歳」とか「ケータイ買った」の話は今しなくていいからさw
まぁ、ヤジよりマシだし、聞いてる俺もどうかと…
スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。