aim for the top
柏レイソル観戦記を中心にゲーフラ作製とかネタとか…。 あとモーグルも(やりたいんだけど…)。 当Blogは、老若男女リンクフリーです。
200607<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200609
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006 J2 第36節 vs愛媛
  今節のイメージ
P1000120.jpg



あの「フードコート」ってのはどうもイカン。

ついつい食べて飲んでしまう…。
試合前に気が緩んでしまうなぁ。



勝つには勝ったが、ボールを支配されている時間帯もあったし、相手のシュートの決定力がなかったのに助けられた感がある。
あと、雄太だったのと…。

走っていないことはない。プレスもかけようとしている。
ただ、「全員守備、前からプレス」を、開幕当初の方が文字通り実践できていたのではないかと。

キタジとたっちゃんが前から守備すれば、後ろでは守る位置が限定されやすくなるし、そもそも前でカットできたりすれば、負担は少なく楽だったのではないか。開幕当初はコレがうまくハマっていたのではないか。

もちろんその負担は前の二人にかかっていたのかもしれない。
それが無くなったとき、後ろ側の負担が大きくなる。
これまでよりもさらされ、ミスは失点に結びつく…。

開幕当初と同じ事は出来ないかもしれないけど、全員で意識して補って行ければ結果は付いてくるのではないでしょうか?

まぁ、第一クールも横綱相撲をしていたわけではない。
何とか勝ちを拾ってきただけだ。
この試合もそうだったのではないか。
なら、続けていける。


もっと、シュートを打って欲しい。
入らなくてもイイから打って欲しい。
3点目の場面では「フラ、何故打たないっ」と思ったが、より決定的な方を選んだのだろう。
(彼の場合はホントに決定的でないと打たないからなぁ…)
だけど、流してカットされるのだけは勘弁。
カットされるなら、(入らなくても)シュートが良いなぁ。
打てば入るさ。。。




しっかし、


キタジの『ナハッ、ナハッ』は何事もなかったようにスルーされましたねw



 柏 3-1 愛媛


スポンサーサイト
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。